アロマのこと

アロマの力

プランテプラネットで行うアロマカウンセリングやアロマヒーリングトリートメントで用いるアロマは100%植物から抽出した天然のエッセンシャルオイルです。

私たちと同じ地球に、その場所、その時のエネルギーを取り込んで存在するのが地上の星、植物です。

エッセンシャルオイルの1滴には、そのエネルギーがぎゅっと凝縮されて詰まっています。

アロマオイルの香りは、私たちが必要とするときに、必要なものを補い、身体を本来の状態に戻す力を授けてくれます。

必要な香りは身体がよく知っています。成分を知らなくても、私たちは身体に正直に聴くことで、その香りのいる、いらないを判断することができます。

アロマセラピー?テラピー?

  アロマセラピーとは日本語で芳香療法という意味になります。よく「セラピーなの?」「テラピーなの?」と質問されますが、同じものです。テラピーはフランス読み、セラピーは英語読みです。


「アロマテラピー」という言葉が生まれたフランスでは現在でも精油は医薬品として扱われ医師の処方により、経口投与など治療を目的に使用されています。その後に渡ったイギリスでは「アロマセラピー」と発音されるようになり治療目的ではなく、主にはリラクゼーションや美容などの目的で生活の中に取り入れられています。日本ではイギリスと同じく治療効果ではなく癒しや美容に焦点を当ててアロマを活用していくというスタイルが浸透しています。いずれにしても植物から抽出された天然のオイルの恩恵を受けて心と身体を整えていきます。植物の香りに癒されながら知らず知らずのうちに身体が調子を取り戻していく、とても素敵な療法ですね 

精油の基本的な注意事項

  素敵な香りで優しく癒してくれるイメージのアロマオイルですが精油(植物から抽出された100%天然オイル。エッセンシャルオイルとも呼ばれています)は優しいだけではなく非情に強いのです。ある症状には的確に作用してよい方向に身体や心を導いてくれますが使い方を誤ると身体によくない状況を招くことにもなります。ご自分で使用される時は基本的な注意事項を守り、自分の身体と心の反応に注意しながら取り入れてください。


・飲んではいけません。

・原液を塗布してはいけません。

・肌の特に弱い人は皮膚に直接スプレーするのはさけましょう。


・精油は植物から抽出する100%天然オイルです。成分が凝縮されているため、使用する時の症状や状態に


 よっては使用しない方がいい場合もあります。下の禁忌表を参考にしてください。